明るい兆しが見えてきた・・・?

病気の状況が落ち着く様子を見せませんね・・・、ただ2021年になって緊急事態宣言が出た影響もあるのかようやく感染者の増え方が落ち着いてきた印象も感じさせてきました。
まあ、なぜこんな程度の自粛で下がるんだろうという感じは否めないですが・・・それでも下がったなら結果オーライというのがいいとしましょう;
そういう影響もあるのか、様々な苦戦をしていた業界も少しずつ息を吹き返している様子が見えてきました。
 
なかでも苦労しているのは旅行や飲食でしたが、意外と多くの人に気づかれていないのがブライダル業界だったんじゃないでしょうか?
結婚式なんてものはこんなとき一番影響を受けてしまうイベントだというのは、あまり知られていません。
そもそも式のスタイル自体が人が一箇所に多く集まって行われるわけですし、さらに老若男女が食べながら楽しくしゃべる会食なので今のような状況で最も避けるしかない場になるんですね。
 
なので、ひそかにブライダル業界というものはまずいくらいに売上を減らしていて一時期は本来6,000億発生すべき時期にまるまる失っていたとも言われています。
それくらいの状況なので、結婚式をキャンセルや延期する人が2020年には続出していたんですが2021年になって少し状況にも明るさが見えてきたのが現実のようです。
結婚式に欠かせないプロフィールムービーというものがありますが、その売上も去年の感染初期には悲惨なことになっていたようですが・・・年明けからだいぶ戻ってきた様子があるようなんですね。
 
もう自粛に疲れたという人や、延期に次ぐ延期でもはややるしかないというカップルもいらっしゃるでしょうがそれでも感染の第三波が少し下がってきた現状ではやれるかも・・・という希望が出てきたようです。
今年はワクチン接種も開始予定なので、なんとか他の業界も少しずつ明るい兆しが見えてくることを願うばかりです。