万華鏡って本当に不思議ですよね。

先日、知人に万華鏡をもらいました。
この万華鏡が、主婦やサラリーマンの間で、ここ数年人気が定着しつつあるそう。

どうやらきっかけは、米国を中心にステンドグラスや木工などの作家が趣向を凝らした
作品を生み出したことで、インテリアとしても通用するアートになったからだそう。
実際、デパートで売られているほとんどが米国の作家のものだそうです。
実は私は物心がようやくついた幼い頃に叔母にもらった、古い万華鏡をもっています。

直径5cm強、長さが30cmほどの円筒で、白地に様々な外国の子どもが描かれており、
白地は黄ばんでいますが、今ものぞくと昔と変わらぬ鮮やかな色彩の不思議な空間を見せてくれます。

万華鏡って本当に不思議ですよね。
子供の頃に鮮やかな色彩の絵に異国の香りを感じた、この名もなき万華鏡が長年、
私の部屋を彩ってくれたことに改めて気がつきました。
【PR】
アイワネクスト株式会社